著者

Twitterまとめとマーケット情報:暗号通貨女子増える、FirstBloodが上昇開始、POLOに不信感

Twitterまとめとマーケット情報:暗号通貨女子増える、FirstBloodが上昇開始、POLOに不信感

まずはじめに、秀逸なツイートを紹介。
タイムラインでこんなツイートが流れてきました。

 

 

JPYの発掘ですよ!すばらしいですね。
日本円を客観的に見るいい発想だと思います。

仮想通貨界隈に変化が。​

ここ最近になって、きらきら仮想通貨女子が増えているようです。自分も2017年に入ってからはじめましたので、変化についてあれこれ言える立場にはないのですが、おそらくいいことだと思います。Twitterのタイムラインが華やかになって、おじさんたちが喜んでいるようです。


​​


マーケット情報

FirstBlood

さて話は変わって、マーケットの様子です。これまで主に中国の取引所で取引されていたFirstBloodが、最近になってBittrexに上場しましたが(これ)、ここ一週間ぐらいは横ばいといった感じでした。しかし、協定時6/19の朝から昼過ぎにかけて値が動き始め、一時は横ばい時の価格の3倍ほどの値をつけるなどの動きを見せています。

これは、上場初日の初値が10倍と高額だった価格が徐々に適正に落ち着いてきたのが投資家たちに認識され始め、買いに安心が広まった結果だと思われます。

上記の画像は30分足であり、日足にすると、ひとつ陽線が現れただけですので、まだまだ初動だと判断していいと思われます。


​​KOMODO

追加で、貼っておくのは、KOMODOという通貨についてです。これはDelayed Proof of Workという合意形成方法の採用と、Zcashからフォークしたことによるゼロ知識証明の提供が存在する、もともとはBITCOINDARKという通貨が進化した匿名系通貨です。KOMODOは、Bitrrexに上場後3ヶ月ほどは動きが見られなかったのですが、6月に入ってから、横ばい時の4倍ほどの価格をつけるなど期待感が高まっているのが観測されます。


他には、中国系の通貨でここ数週間で6倍まで値上がりしている、Antshares (ANS)などが短期的には注目どころでしょうか。Smart assets & application platformだそうです。

あとは、Quantumは、今調べてみたら量子コンピューティングへの脆弱性についてあれこれしているプロジェクトらしいことがわかりました。
こんな面白い記述も発見。↓
​​

SHA-256のセキュリティの安全性は、2164年までだと予想されている。今2017年ですので、かなり先に訪れる危機ではあります。

そのQuantum Resistant Ledgerは、今調べてみたらホワイトペーパーに日本語が存在していました。なんででしょうか。ちょっとよく分かりません。


マーケット情報:取引所自体について

 

最後に通貨についての話ではなく取引所についての話ですが、近頃、脱POLONIEXを始めている方がいらっしゃるようです。この間もDDos攻撃で、落ちたりしていましたが、さらに問題になっているのが送金エラーで通貨がネットの海に消えてしまうことが多発していることで、日本円にして200万近い通貨が亜空間のかなたに漂流してしまった方もいるんだとか。そして、通貨についてサポートに連絡しても一向に返事がこないらしいです。

わたしも、送金上限を引き上げるための申請を結構前にしているんですが、いまだ承認されません。BITRREXは、免許証を送ると翌日くらいにはベリファイされてました。注意していたほうがいいかもしれません。

※追記
POLONIEX公式で、サポートの改善をしていくとのコメントが6/7にありました。
曲がりなりにも世界規模の取引所ですので、今後とも運営面で改善がなされていくのではないかと思います。
https://poloniex.com/press-releases/2017.06.07-Improving-Our-Support-Capacity/

 

この記事を書いた人

伊澄 理夢

伊澄 理夢 / イズミ リム / IZUMI Rhime
2017年3月からブロックチェーンに興味を持って以来、デザインの面から、"NEM"を通じて技術の普及に貢献できる道を探しています。
児童文学と純文学、哲学と現代思想、仏教と禅、黒い服と民族衣装が好きなINTROVERT(内向型)です。
大学ではデザインを学ぶ。