おっと、仮想通貨の悪口はそこまでだ。市場規模で見るクリプトカレンシーの将来性

「仮想通貨は怪しいものだ、仮想通貨はもう高値すぎで手を出せない、乗り遅れた、仮想通貨はオワコン、仮想通貨は売り叩かれている、ビットコインやイーサリアムネットワークはすぐへばって使い物にならない、雨風が強まりだすとすぐ止まる武蔵野線か京王線かなにかかよ、仮想通貨は…」

 

金融界の未来を担うホープたちはやっかみの対象にもってこいです。

しかし、そのようなネガティブな意見でものをみていては、せっかくの革新性を見逃してしまうことになります。
この世にある仮想通貨たちは、実のところまだまだ生まれたばかりに等しいのです。
それに例えば、仮想通貨の時価総額ランキングで2位に位置しているイーサリアムなどは、2017年度であれば誕生してから2才かそこらにすぎません。
仮想通貨ランキングに勇ましく並ぶコインたちも、じつを言えば、この前生まれたばかりと思っていたあなたの甥っ子ぐらいのよちよち歩きが大半なのです。

Sponsored Link



 

“仮想通貨は高嶺の花になった”はうそ

 

すでにいろいろなところで指摘されているように、仮想通貨市場はこれまでにキプロスの政治不安や中国の通貨の不信感などいろいろな危機のたびに資金が流入したり、また世界的な富豪や発言力のある人物(マーク・キューバン、ウォズニアック…)がビットコインに言及するなどニュースが絶えませんが、実のところ数字でみてしまえば仮想通貨市場はまだあまりに弱々しい資金によって支えられています。

これらを、実際にデータで見ていきましょう。

 


まず日本株式市場。

​​

日本株式市場

 

・日本の株式市場時価総額:約620兆

 


 

次に世界株式市場。
図で言うと右下です。
​​

 

・世界の株式市場時価総額:8,588兆円(76兆ドル)

 


 

最後に仮想通貨市場。

​​

 

・仮想通貨市場時価総額:約11.4兆円

世界株式市場と比較すると、実に753分の1の市場です。

また仮想通貨マーケットキャップを掲載しているこちらのサイトには仮想通貨市場がアメリカ上場企業S&P500のうちどの位置にいるかも表示しています。↓
​​

Sponsored Link


 

それによると、仮想通貨市場は企業トップのAppleの約7.5分の1
上下に位置する企業は日本ではあんまり聞き慣れない企業だと思います。


流動性で見る仮想通貨
​​

これまで時価総額で見てきました。
それでは流動性で見るとどうなのでしょうか?

比較対象は、外国為替市場にしました。
為替市場24時間の取引量については

・通貨市場には時価総額自体はなく、1日当たり約4兆ドル、1日24時間有効に6日間取引されます。

という意見という意見がありました。
またその後に

・市場規模とその流動性を測定できるのは、取引の日々の量です。 FXの日々の取引量は約6〜9兆ドルで、平均して約7兆ドルになる傾向があります。
私は、4兆ドルは、過去10年間有効だった、少し時代遅れの情報だと思います。
https://www.quora.com/Whats-the-total-cap-size-of-Forex

との意見も。

信頼性のためもうひとつ。

Forex Liquidity And Volatility
「外国為替市場が流動性が高い理由の1つは、平日に24時間取引できるからです。毎日約6兆ドルの売上高を誇る、非常に深い市場でもあります。」
https://www.forex.com/en-us/education/education-themes/trading-concepts/forex-liquidity-and-volatility

 

このことから、為替市場はおおよそ6~7兆ドルが日々取引されていると見ていいのではないでしょうか。
注意していただきたいのは、年間ではなく一日でです。

外国為替市場:円換算700兆円/日。

年換算では・・・もうよく分かりません。
なんだかクラクラしてきました。

 

それでは仮想通貨の流動性。

仮想通貨の一日の流動性はトータルで見られるところが調べたうちでは見つからなかったので、24 Hour Volume Rankings (Exchange)からそれぞれの取引所の24時間取引量総額を足していって算出しました。

が取引所が100以上あってしんどいので、一日の取引量が一億以上ある取引所の合計としました。

 

​​

結果:だいたい4,000億程度
となりました。
小さい取引所は省いているので、実際はもう少しあると思いますが、概ねこのぐらいなのではないかと思います。

 


結論(ざっくり&2017年現在)

 

時価総額では、仮想通貨市場は、世界株式市場の、753分の1

流動性では、仮想通貨市場は、外国為替市場の、1750分の1

です。

 


終わりに。なぜビットコインの価格は大きく変動するのか。

 

ビットコインを安心して取引できるようにと尽力してきた、クラーケン社代表のジェシー・パウエル氏は仮想通貨についてのテレビ取材のなかでこういっています。

「より多くの人が使えば、取引は増え、相場は安定します。」

ビットコインは、仮想通貨はボラリティが高すぎて使えない、という意見。
これは現状ではもっともですが、このような数字を見てきたら、当たり前ですよね。

じゃあ使わないのか?
それはこれから、いち早く参加しているアーリーアダプターの人たちがこの現状をわかりやすく説明し、説得していくことによって、この新しく生まれたすばらしく便利な技術の芽をつむことを回避できるはずです。

 

Sponsored Link

このブログはNEM猫プロジェクトを応援しています。