イーサリアムの価格はこれらが起これば20万を超える?

Etherが2,000ドルの価格になると、時価総額は約188億ドルになります。
しかしFacebookのような会社、492億ドルの時価総額と比較した場合、それはまだまだ小さいといえるでしょう。

 

CointelegraphのPascal Thellmannによれば以下のものをイーサリアムが実現すればEtherの価格は2000ドル、日本円で20万を超えるとしています。

 

 

1.ライデンネットワーク

現在、Ethereumネットワークは1秒あたり約20トランザクションに制限されています。これはBitcoinが処理できる2倍の性能です。
しかし、Ethereumが毎日の支払い方法として使われる将来を見ているなら、これでは十分ではありません。

Sponsored Link


雷電ネットワークは、この問題を解決することを目指しています。その開発者は、Ethereumペイメントのためのオフ・チェーン・ソリューションを構築しており、参加者数に比例して直線的に拡張しています。ネットワークは、将来、毎秒1,000,000件を超えるトランザクションを処理できます。

また、トランザクションコストを7桁減少させることができ、Ethereumで真のマイクロトランザクションを実現します。

 

2.Etherの取得と使用が容易になる

これまでに約60のアクティブな仮想通貨取引所が存在します。この数は、デジタル資産がますます魅力的になるにつれて、毎月増加しています。しかし、平均的なアメリカ人は、売買制限やトレーディングチャートに慣れていません。

したがって、もっとみんながEtherを取得できるようにする新しい選択肢が必要です。Detherのような企業は、利害関係者が現金で直接Etherを購入できるプラットフォームで作業しています。これは間違いなく正しい方向への大きな一歩です。

この記事を書いている時点で、すべての仮想通貨の時価総額は合わせて約110億ドルです。しかし、EtherやBitcoinのような通貨の所有者は積極的にコインを使うことはありません。彼らは投資としてそれらを使用します。

Etherを$ 2,000で見るためには、より多くの人が支払方法として使用する必要があり、より多くのベンダーはそれを受け入れる必要があります。これは、Etherが価値交換の実行可能な方法であることを証明するでしょう。

 

Zk-SNARKs -Zcashのゼロ知識証明-

Ethereumの研究開発チームとZCashのメンバーは、Blockchainのプライバシーを扱う研究プロジェクトに協力しています。

ZCashの背後にある技術をEthereumに統合することは重要なマイルストーンです。トランザクションとスマート契約の特定のコンポーネントを完全に匿名化することができます。これにより、Ethereumはまだ想像もできないシナリオで使用できるようになります。

このプライバシープロトコルの可能な適用は大統領選挙またはオークションにある可能性があります。zk-SNARKsが完全に統合されると、選挙やオークションの結果はBlockchainの任意のオブザーバーによって確認できますが、個々の投票や入札は明らかにされません。

 

ICOが資金調達の好ましい方法になり、堅実な規制が実施される

これまでに、世界中の寄稿者によってICOに1億ドル以上が投資されました。これは、この資金調達方法が2015年のEthereumの発売前に実質的に存在しなかったことを念頭に置いて、非常に印象的な数字です。

ICOを保有するほとんどのスタートアップは、Ethereumベースのトークンを発行します。そのため、2017年初頭にはネットワークにとって最も重要な成長の触媒の1つとなりました.ICOは非常に効率的な資金調達方法であることが証明されており、何百もの新興企業が事業を開始するのに十分な資金を調達することができます。

SECとシンガポール金融管理局は crowdsalesを通じて販売トークンのいくつかは、実際に有価証券であり、そのそれぞれの規則を遵守する必要がある多くの例で明らかにしました。それにもかかわらず、ほとんどのICOは依然として多くの当局によって違法と宣言されるトークンを発行している。

この灰色の領域が解決されると、Etherは新しい資金が流入する可能性が高く、投資家の多くはトークンの販売に関与しています。

Sponsored Link


 

EEAメンバーはプライベートチェーンからパブリックチェーンに切り替える

Enterprise Ethereum Alliance(EEA)は、Ethereumの専門家と企業を結びつけます。同盟関係者の中には、Microsoft、JP Morgan、Credit Suisse、Intelなどがあります。EEAの目的は、Ethereum BlockchainとEtherトークンを使用して大企業の問題を​​解決することです。

これまで、これらの企業が構築した統合の大半はプライベート・チェーンで作業しています。しかし、プライベートチェーンはEthereumネットワークと直接作用しないため、Etherは使用しません。

イントラネットからインターネットへの大きなシフトがあったのと同じように、技術の準備が整ったら、プライベートチェーンからパブリックなチェーンへの移行もあるだろうと仮定することは間違いではないでしょう。

これにより、Ethereumネットワークを経由する日々のトランザクションが大幅に増加します。

 

Proof of Stake (PoS)の実装

現在のEtherの供給量は約9300万コインです。Vitalik Buterinは、PoSが正しく統合されていれば、おそらく総供給が100百万ドルを超えることは決してないと指摘しています。

EthereumがPoSに正常に切り替わると、Etherの毎日の発行率が大幅に低下します。これは、より少ない量のEtherが毎日生成されることを意味し、したがってコインの総供給量を減少させます。

さらに、PoSが有効化されると、イーサリアム投資家はそのトークンを使ってネットワーク内の他の取引を検証することができます。それと引き換えに、彼らは報酬をのEtherで払い出され受け取るでしょう。

これは、資産を生産するキャッシュフローを求める投資家の新しい波を引き付ける可能性が非常に高いでしょう。

これまでのところ、2000ドルのイーサーは依然として私たちのイマジネーションのための燃料です。
しかし、この技術は非常に堅実な基礎と、多くの発表をしています。

 


 

イーサリアムには様々な課題がありますが、これらは現時点で全く0スタートではなく、おおよそすべてがイーサリアム開発において進行中といえます。
1Ether=20万は、比較すると非常に高値圏ともいえますが、これらの実現により世界的なネットワークのフューエルとなる可能性を考えるとその限りではないでしょう。

 
 

Sponsored Link

このブログはNEM猫プロジェクトを応援しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で