bitFlyer、米国進出を成功させ「日本で培った技術を世界に」と意気込む

bitFlyerの子会社である bitFlyer USA, Inc.(以下、「bitFlyer USA」)が、ニューヨーク州金融サービス局(以下、「NYDFS」)が制定したBitLicense* を取得したと発表しました。
また、2017 年 11 月 28 日(アメリカ東部時間)より仮想通貨交換業を開始したことも合わせて公開しました。

この度の BitLicense の取得は世界で 4 番目となるそうです。

 

これにより仮想通貨交換業者としてニューヨーク州でのサービス展開が可能となりました。
2017 年 11 月 29 日(日本時間)時点でニューヨーク州を含めて 42 州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しております。

bitFlyerのプレスリリースより抜粋

 

このBitLicense とは、ニューヨーク州金融サービス局(New York Department of Financial Services)が制定したニューヨーク州在住者に対して仮想通貨交換業等を行うために必要なライセンスだそうです。

Sponsored Link


米国進出の目的としては、「日本で培った専門性や独自の技術を活かし、米国市場において主に機関投資家に向けたサービスを提供する」こととしています。

 

各代表のコメント

 

bitFlyer USA COO Bartek Ringwelski のコメント

「bitFlyer USA の事業開始に伴い、近日中に日米のクロスボーダー取引が可能になります。
当社のサービスでは WEB インターフェースあるいは API を通じた高速取引により、米国の機関投資家に対して今までにない高い流動性を提供できます。」

 

当社代表取締役兼 bitFlyer USA CEO 加納 裕三のコメント

「米国で最も影響力のある金融当局の一つである NYDFS より、BitLicense を取得し、ニューヨーク州で事業を開始できることを光栄に思います。」

 

bitFlyer USA のサービス

 

bitFlyer USA のサービスは、月間 10 万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けに設計がされているそうです。

クローズドベータ提供時には、2,000 人以上が参加。
取引所では指値、成行および特殊注文が可能であり、プログラムトレーダー向けに充実した API も提供しています。
また、クロスボーダー取引を含め、仮想通貨取引をより便利に利用するために、随時キャンペーン及び新機能の追加を実施する予定があるとしています。

2017年末まで取引手数料無料キャンペーンを実施し、2018 年前半には Litecoin、Ethereum、Ethereum Classic、Bitcoin Cash などのアルトコインの取扱いを予定しています。
 

詳細はbitFlyerのプレスリリースをご覧ください。:こちら

 

サイトのひとこと

 

bitFlyerの米国進出のニュースでした。
bitFlyerはトレーダー向け正統派仮想通貨取引所として、日本だけでなく世界を代表する取引所になっていきそうですね。

 

 

Sponsored Link

このブログはNEM猫プロジェクトを応援しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で