waves

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

この記事は約 7 分で読めます。

Wavesは、トークンに関連した総合的なプラットフォームを目指し開発が行われているプロジェクトです。

Wavesのクライアントはブラウザからわずか1分で開始でき、独自トークンはわずか10分で作成することができます。

Sponsored Link


クライアントはとてもユーザビリティの高く、トークン作成機能はだれにでもオープンなので、自分だけのトークンを作成してみる面白い体験ができるはずです。

 

Wavesトークンを作る準備

 

Wavesトークンを作るにはいくつかのクリアしなければならない条件がありますが、大体はすぐに完了できます。

  1. Chromeを使えるようにしておく
  2. 仮想通貨の送金の操作をマスターしておく
  3. BitrexでWavesを買えるようにしておく

もっとも大変なのは3のBittrexという取引所にアカウントを開設して、Wavesを買えるようにしておく、でしょうか。
これはトークンを作るのに(名前のままですが)Wavesという通貨を買わなければならないためです。
Biirex、並びにその他の仮想通貨取引所では、メールアドレスやパスワードの設定に加えて、運転免許証などの個人証明を行う必要があるのですが、「Biirex 口座開設」などで検索すると解説記事が出てきますので、そこを参照しながら開設するとそんなに難しい作業ではありませんので、ぜひ挑戦してみてください。

②の送金の操作は、ビットコインアドレスなどの長い文字列を管理できるような基本的なインターネットリテラシーが備わっていれば大丈夫です。

 

さあ準備が整いましたか?

では、トークンを作ってみましょう。

 

Wavesを始めてみる。

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

まずWavesの公式サイトへアクセスしダウンロードをクリック。

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

クライアントはChromeのアプリに追加する形なのでとてもかんたん。

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

ダウンロードができたら、ChromeのアプリからWavesクライアントに入ります。

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

こんな画面が表示されたら、Wallett Seedに表示されているフレーズと、ADDRESSは記録しておきましょう。

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

Wavesクライアントの開始については、これだけで完了です。

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

起動したあとは、バックアップは忘れずに。

 


 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

 

トークンはここから作れるようです。
トークン作成手数料は、1Wavesなので、2017/6/9時点でのレートで
BTC建て0.0020248
JPYで、635円です。

Sponsored Link


今後値上がりしていくとなると、Feeは高くなってしまいますが、現在の価格ならお手頃な値段かと思います。

 


独自トークンを作ってみよう

 

Rhimeトークン

 

ではトークンを作ってみましょう。

円建てで600円ほどかかりますが、簡単にトークンを作れます。

 

トークン作成手数料の入金

まずFeeとして1wavesをBittrexなどで調達します。
(ぴったり1wavesだと送金手数料で足りなくなるので1.5wavesくらいがおすすめです。)

Wavesのアドレスはクライアントトップ画面の上のほうに表示されています。
着金は2,3分くらいで届きました。

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

設定できる属性値の内容

一個前の画像にあるように、トークンにいろいろと属性値を設定できます。
それぞれの意味は以下のようになっています。

 

  • Name:トークンの名前を入力します。
  • Description:トークンの説明文、またはウェブサイトへのリンクなど、トークンの詳細を知るための情報。作成後、ここに入力された情報は変更できません。
  • Total Tokens::トークンの総供給量を入力します。 re-issuableをtrueに設定(チェック)すれば、作成後にトークンを追加供給できます。
  • Token Decimals::トークンを分割する際に使用できる小数部の桁数を設定します。 例 – 5に設定した場合は、0.00001単位までトークンを分割できます。
  • Re-issuable::ボックスにチェックした場合、re-issuableがtrueに設定されます。この場合は、作成後にトークンを追加供給できます。 ボックスにチェックしない場合、re-issuableがfalseに設定されます。この場合は、供給量固定になり、トークンを追加供給できません。
  • >waves wiki より『http://www.waveswiki.org/index.php?title=Tutorials:_The_User_Interface/ja

 

入力が完了したらSUBMIT!

 

わたしは

  • 名前を、『Rhime』(リム)
  • 説明には、『Rhime is a philosophical currency for discussion to correctly guide the world of cryptocurrency.Publisher::https://www.cryptorhizome.com/1 とそれっぽいことを(笑
  • 発行数は、3,300,000Rhime
    Token Decimalsは3
  • 追加供給は、(ビットコインに習って)オフ

で作成してみました。

なんだか600円でお金持ちになった気分ですね。

 


追加供給オフの警告について

 

 

ちなみに、追加供給オフでトークンを作った後、こんな注意画面が出たときは、要は後から供給可能なように変更することはできません、とうことです。

 

申請して少しすると、ポートフォリオに独自通貨が表示されます。
TRANSFERから送信できるようですね。

 

トークンが完成!

 

1分で出来る「Waves」の始め方、10分で出来る独自トークンの作り方

ということで、こんな感じにできました。
Waves wikiによると、トークンの名前は重複可能だそうですので、認識はidentiferのコードで識別することになるようです。
(RhimeのIdentifierは「CetY4N58KS1cuijPDjvYNgy5u5orzxUMLUyk75fDjsdw」だそうです。)

独自トークン「Rhime」のロゴを作ってみた。

Rhimeトークン

というわけで、Wavesにおけるトークンの作り方をみてきたのですが、トークン(仮想通貨)といったらロゴじゃないかと思いまして、Illustratorスキルを無駄遣いしてロゴを作成してみました。

 

「トークン(仮想通貨)といったらロゴじゃないかと思いまして…」
→そうなんですか?

本当は全然別のところで使うつもりで作ってボツにしたデザインを、適当にそれっぽく直したんですけど。

いろいろ実際のコインのロゴを参考にして陰影をつけたらイーサリアムとかARKとかのかっこいい感じになった気がします。

個人的に気に入ってます。
けっこう雰囲気でてませんか?

ちなみにWavesではロゴの設定は作成時の時点では設定できませんでしたので、徒労です。
イメージを設定したい方はIndieSquareというサービスでトークンを作成すると設定できます。↓

IndieSquareを使った独自トークンの作り方と作成時の注意点まとめ

というわけで、みなさんも時間があれば、ぜひWavesでも、あとIndieSquareでもいいですが独自トークン作ってみてください。
Rhimeがほしい方は、コメントしてくだされば、あなたの独自トークンと引き換えにお分けいたします。

それでは。

注釈

  1. WordPress移行前の前のブログのURLになってますね…。

Sponsored Link

にほんブログ村 その他生活ブログ オルトコインへ 

Rhime_indiesquare4
リム(Rhime)

リム(Rhime)

ブログの閲覧ありがとうございます。 記事がなにかのお役に立てたなら幸いです。 もし何か分からないことがありましたら、お気軽にコメント下さい。(DISQUSにログインするか各種SNSの連携で書き込みください。匿名投稿も可能です。) |【プロフィール】: リム(Rhime)。RhizomeBrain(リゾームブレイン)管理人。Twitter:https://twitter.com/CryptoRhizome 2017年3月から仮想通貨への投資を開始。株式投資は2年ほど。 読書が好き。 大学ではデザインを学ぶ。フラットデザイン・マテリアルデザイン勉強中。