中国大手仮想通貨取引所「Huobi」の口座開設の方法と使い心地について

huobi

中国のわりと大きな取引所「Huobi」の口座開設方法です。

最近XEMが上場されたりして、日本でもちょっと注目されましたね。
中国ということでいろいろ面倒なのかと思われがちですが、わりと簡単にアカウントを作れます。
ここでしか買えないようなものもありますので、興味がある方はざっと目を通して開設されてみてはどうでしょうか。


 

Huobiにアカウントを作成する

 

 

ということで作っていきます。
以前はドメインが.comだった気がしますが、今は.proになってますね。

 

利用規約です。無駄にスクショにしてみました。

Sponsored Link


言語はしっかり日本語に対応しています。
じっくり読んでおきましょう。

 

 

 

新規登録画面です。
入力欄にポチポチ必要な情報を入れてください。

verifyのとこはシュッとスライドさせてね。

 

 

 

 

完了すると、メールが送られてきます。
確認コードを入力して送信すると完了~~~~。
簡単ですね。

 

Huobiの使い心地

 

 

取引画面はこんな感じになってます。
なかなかいい感じですね。

チャートは、TradingviewのAPIかなにかで引っ張ってきて表示させいるみたいです。
へたに独自実装するより、このほうがいろいろなテクニカルインジケーターを使えるので便利ですね。

 

 

あと個人的に注目ポイントが、この注文数の調整のためのUI。

スライドで数を調整できるんですよ~面白いですね~UX的にいいと思います。

 

 

 

balance画面はこんな感じ。

 

 

そして面白いのが、上場コインを”メインゾーン”と”革新ゾーン”、あと”分岐ゾーン”に分けているところ。
こういう注意書きが表示される取引所って、他になかった気がします。
馬鹿にしているわけでなく、こういう説明は必要だと思いますね~。

 

 

 

 

おわりに

 

ということでHuobiでした。
なんだか買いたいのがあったそうですが、なにを買ったかは内緒だそうです。

 

 

 

Sponsored Link

この記事を書いた人

リム(Rhime)

ブログの閲覧ありがとうございます。
記事がなにかのお役に立てたなら幸いです。
もし何か分からないことがありましたら、お気軽にコメント下さい。(DISQUSにログインするか各種SNSの連携で書き込みください。匿名投稿も可能です。)
|【プロフィール】: リム(Rhime)。RhizomeBrain(リゾームブレイン)管理人。Twitter:https://twitter.com/RhizomeBrain
2017年3月から仮想通貨への投資を開始。株式投資は2年ほど。
読書が好き。
大学ではデザインを学ぶ。フラットデザイン・マテリアルデザイン勉強中。

このブログはNEM猫プロジェクトを応援しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で