生き残る暗号通貨はどれか、淘汰される暗号通貨はどれか。

生き残る仮想通貨はどれか、淘汰される仮想通貨はどれか。

この記事は約 6 分で読めます。

乱立する仮想通貨の中で。

生き残る通貨。
弱肉強食なのは言うまでもないことだろう。
もちろん巨大であればいいというわけではない。
小さくとも、ユーザーにとって、社会にとって、真に有益なものが生き残り成長していく。

しかし、予想できるのは、Bitcoinを模倣したただのクローンに過ぎないようなものは、生き残る可能性が非常に低いのではないか、ということだ。

 

Bitcoinはオープンソースなため、だれでもダウンロードして同様の機能をもたせたプロダクトが比較的簡単に作成できるとされている。
しかし仮にそれが分散型非中央集権性のあるレガシーシステム的にはすばらしいデジタル通貨であったとしても、すでに30万の価値がつき、アメリカからアフリカまで世界中にユーザーがいるBitcoinを超えることはできない。

Sponsored Link


イーサリアムが20000円に到達できた理由は、Bitcoinの憧れというよりは、Bitcoinの基幹技術であるブロックチェーンへの有用性を見出したドライな先見性と、それを応用したスマートコントラクトという存在しなかった価値の創出にある。
(イーサリアムはもはやBitcoinにせまる勢いにまで成長しているが、Bitcoinへの憧れ的プロダクトは成長し得ないのと同様に、イーサリアムへの憧れ的プロダクトも長期的にみれば淘汰は免れないのではないかと予測される。)

いかにブロックチェーン的にセキュアな通貨を作っても、一般大衆的に浸透するようなプロダクトを選定せよと言われたら、BitcoinのクローンよりもBitcoinを選択する。

 

刹那的に行われるICO

ICOに群がる人たち

また、生き残るか、淘汰されるか、という問題に対して、昨今のICOによる瞬間的な資金調達の成功事例にも、自ら寿命を縮めるような印象を禁じえない。
ICOについて問題を提起しているのは、一般的個人から有識者、中国政府まで様々だ。

https://jp.cointelegraph.com/news/chinese-central-bank-intends-to-regulate-ico-marketjp

 

「例えばGolemを例に挙げてみましょう: 4億ドル以上の時価総額ですが、明確な開発プロダクトがありません。イーサリアムベースというだけでこれだけの金額が集まっています。また、Elasticを例に挙げると、これも似たようなプロジェクトですが、700 BTC以上寄付が集まっていますが、彼らには基礎的なローンチ間近の特定の開発プロダクトがあるというだけでこれだけの資金が集まっています。または単にGnosisの例を考えてみてください、ICOの異常性によってもたらされる終焉は良いものとは言えないでしょう」

ICOについては、なにかもっと健全な方法があるはずだ。プロダクトがないまま資金が飛び交うのは、健康的ではない。
すべてが早ければいいというものでもない。
もちろんすべてがゆっくりになればいいというものでもない。
それに、ICOはプロダクトを作るために行われる。
ここでの問題提起は、非常に感覚的なものだ。
提示されたものに飛びつくような状況は、理性的といえるだろうか?

 

生き残る仮想通貨はどのような性質を持っていると予測できるか?

ただし、せかせかとしたICO、あるいは現在のブロックチェーン黎明期前後に乱立気味に開始されてきたブロックチェーンテクノロジープロジェクトのすべてが、急性アルコール中毒で倒れてしまうというわけでもないはずだ。
直近ICOでは、
・前Mozilla CEOが立ち上げた分散型ブラウザのBrave
・分散自立型SNSのStatus
など。
現在存在しているプロジェクトでは、
・SNSでの評価経済実現のための組み込み型マイクロペイメントを目的としたReddcoin
・Eスポーツでの勝利報酬においてのスマートコントラクトを使った自律的配当システムのFirstBloodなどは、淘汰されるか否かについての判断をわれわれに提供している。これらは憧れに基づくものか。
それとも真に利便性を追求したものかどうか。
プロジェクトにおいて健全なものを判断するためにわたしたちが気をつけていなければならない項目について、わたしたちは常に考えていく必要がある。

ここでのプロジェクトの引用において、値上がりするか否かは論外である。
ここでの項目はほんの一例に過ぎないし、正解ではない。
また、良い例も悪い例も混合しており、反面教師的例として引用したものもある。
これらは、ここでは生き残りの条件を抽出する材料にすぎない。

 

生き残るプロジェクト

  • 明確なコンセプトがある。
  • 差別化が行われている。※1
  • 長期的な視点が提示されている。
  • 情報を無意味に隠匿せず、開示の姿勢を有している。
  • ブロックチェーン的思考を開発者が共有している。旧時代の問題性を引き継ぎシステムを再興することに決別している。※2
  • 憧れが介在していない。自立している。
  • 理想主義に陥らず、現実的である。
  • テクノロジーの乱用が抑止されており、正当な使用である。言い換えれば、無意味な価値の創出に精を出していない。※3
  • 等しく人のためになる。私腹を肥やさない。
  • 犯罪を助長しない。対象が普及することによって暗号通貨の認知を健全に促進する。
  • 開発者が情熱を持って楽しんでいる。誇りがある。活発である。

 

※1 ただし差異の設定は多次元的な社会規範の適応による重複の許容を一概に、厳格に排除すべきではなく、アクチュアルに対処すべきである。これはたとえばイーサリアムの万能性←→肥大性、ファクトムの限定性←→軽快性、あるいはアフリカ等の先進社会との隔壁のある場でのオーダーメイドな要請における、主要プロジェクトへの重複性などである。

※2 これは、フィアット時代(つまり現行通貨制度)における幾度も生じてきた金融における諸問題をそのまま引き継ぐことに、意味はあるのかということである。
これの言わんとしていることは、つまり紙ベースであった時代の新聞の独特の文字組みを、そのままインターネットに移すような思考停止性を指摘している。
ブロックチェーンによって仲介業者(middlemen)の存在を任意に排除できる選択肢を得たのにもかかわらず、その優位性を黎明期にはやくも捨て去るところにイノベーションは存在しない。

※3 これは例えばTwitterなどの140文字の氾濫を否定しているわけではない。Twitterは瞬間的短期的情報のプラットフォームとして有用である。

 

ブロックチェーンは、ブロックチェーンを使うためにあるのではない。
ブロックチェーンは、インターネット上で対象の価値を証明し、改ざん不可能な取引として記録できる技術として認識される必要がある。
もちろん大半の開発者たちは、了解の上取り組んでいることだろう。

ただしわたしたちはそうではないプロジェクトを見分けなければならない。
そして、それは難しい。

Sponsored Link


それに、Bitcoinというブロックチェーン経済圏への挑戦というプロジェクトがすべて淘汰の前に消えるわけではない。
共存の可能性も十分に考えられる。
たとえばそれはライトコインであったりNEMだったりするだろう。ブロックチェーンはようやく一部の人たちに知られてきたばかりだ。
これらは、それぞれが自立的に考えていかなければならない問題だ。

 

Sponsored Link

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リム(Rhime)

リム(Rhime)

ブログの閲覧ありがとうございます。 記事がなにかのお役に立てたなら幸いです。 もし何か分からないことがありましたら、お気軽にコメント下さい。(DISQUSにログインするか各種SNSの連携で書き込みください。匿名投稿も可能です。) |【プロフィール】: リム(Rhime)。RhizomeBrain(リゾームブレイン)管理人。Twitter:https://twitter.com/CryptoRhizome 2017年3月から仮想通貨への投資を開始。株式投資は2年ほど。 読書が好き。 大学ではデザインを学ぶ。フラットデザイン・マテリアルデザイン勉強中。