ビットコイン、お金と見るか?玩具と見るか?|仮想通貨の王様の将来性

ビットコイン、お金と見るか?玩具と見るか?

記事の要約

  • ビットコインの価値の認識の過程と将来性について考察する。
  • ビットコインは、いずれ多くの人がその価値を認識するようになるだろう。
  • 将来的なビットコインは、通貨としてというよりは価値の保存の役割を担うだろう。

 

この記事では最終的な目標として、

  • ビットコインが、お金なのかオモチャなのか、という根深い疑惑を前半で考察し、
  • ビットコインが現実的な世界においてどのような価値の役割を為していくかを後半に考察

していきたいと思います。

Sponsored Link


結論からいうと、わたしはビットコインは、お金であり、役割としては、いわば”価値の保管庫”としてこれから機能していくのではないかという立場でいます。
この”価値の保管庫”の結論としては、ビットコインは一般的な法定通貨の価値保存と流動性という両面性をそなえたものではなく、静的な価値の保存場所として存在するようになる、という見方です。
これはつまり、ビットコインを形容する名称としての「デジタルゴールド」を、名実ともに体現するような見方だといえるでしょう。
では、なぜそうした見方をすることになったのか?ということを、わたし自身の経緯を含め、客観的に考察していきたいと思います。

 


 

ビットコインの価値の認識の考察

 

まず、ビットコインを価値あるものと認識するようになるためには、ブロックチェーンの基本的な技術的理解からはじまり、経済や社会、貨幣あるいは日本円そのものなど、複合的な認識のプロセスを経なければならないと思います。

例えば、(すこし前になりますが)日本政府がJコインという現在の日本円にペッグした仮想通貨を発行することを考えているといううわさがでてきたのはご存知でしょうか?

これまでも三菱東京UFJ銀行がMUFGコインなどの銀行独自の仮想通貨を発行する計画があることがリークされてきましたが、今回はJコインということで、より大きな枠組みでの貨幣の仮想化、ブロックチェーン化が進むことになる、という未来が示唆されました。
とはいっても現時点では実行されるかどうかは未知数です。
それよりも今重要な点は、以下のような仮定に依ります。
「では、そのようなJコインというものが世に出回り一般に広まったと仮定したとき、ビットコインの価値はそれからも認識し続けることができるのだろうか?」
今回考えたいのは、その点です。

 

考察の対象者:①知らない人、②知った人

 

ビットコインと核、あるいは広島:ブロックチェーンの思考法

 

まず、最初の①として、ビットコインをまだ知っていない人、これはMt.GOX1的に知っていることも含め、技術者と大衆との認識の乖離という点で”知っていない人”のことを対象に考察していきます。
簡単にいえば、「お金についてこれまで疑問をはさんだことがない人」です。

 

次に②では、すでにビットコインやブロックチェーンにくわしい人を対象に考察してみましょう。
つまりすでにビットコインを所持していたり、送金を経験していたり、またはオルトコインを所持するなどの早期参入者、そうした人たちにフォーカスしてみるのが適当だと思います。

(もちろん仮想通貨をさわりながらもビットコインにまったく興味のない人もいるかと思いますが、最も基本的な構造としてビットコインがあらゆる”オルトコイン”の基軸、つまり価値尺度として機能していることを踏まえると、ビットコインの価値がなくなるということは控えめにいっても仮想通貨の繁栄を挫く決定的な事件となるであろうことから、潜在的であれ価値を認めているといっていいかと思います。)

そのような人たちは、どのような経緯を経て価値を保管する場所としてビットコインを選ぶというビットコイナー的認識を獲得したのでしょうか?

 

このような体験を有する人は、いろいろ思い当たるフシもありますが、くわしい人かどうかはさておき、仮想通貨のいろいろな事柄をとりあえず半年ほど経験した、わたし(@Rhime)を一応取り上げて、客観的に、仮想通貨への参加のプロセスを追って考察してみたいと思います。(もし体験談をお寄せいただける方がいらっしゃるのであれば、コメントしていただけるとありがたいです。)

 

ちなみに、現時点2017年からの仮想通貨への参入は、はたして早期参入者なのか(アーリーアダプターなのか)についてですが、ビットコイン的には、誕生が2008〜2009年とあって、ほどほどにマジョリティ(大衆的)に分類されてしまうのではないかと思っています。
しかしながらアルトコインに関しては、感覚的な意見ですが、おおよそアーリーアダプターと分類しても差し支えないのではないか、というのがわたしに認識です。
(イーサリアムはまだ現在2歳という事実から考えても。)

 

これらの考察から、ビットコインを認識していない場合の貨幣・通貨・価値についての、理解している人の落差・乖離の幅を見ていきたいと思います。

 

 

①知らない人 : 無知な幸福の霧の中で。

 

ブロックチェーン

 

岩井克人氏は名著『貨幣論』で、「『貨幣は貨幣として使われるから貨幣である』という自己循環論法こそ貨幣の本質」であると書いています。

 

 

つまり、

Sponsored Link


  • (貨幣として使われるために選別されるという点で)貨幣はなんでもよいわけではない。しかし、
  • (貨幣として使われるために必要な要件を満たしている限りであれば)貨幣はなんでもよい。

という禅問答のような論拠の上に成立しているものだといえます。

多くの人は、こうした貨幣の性質などには気にも留めないのが実際のところでしょう。
日本円以外のお金をもつ人というのは、FXトレーディングに精通している人、あるいは海外にも居住地がある人などかなり限られた人たちだと思います。
最寄りのスーパーに立ち寄って、世界で最も強いお金”ドル紙幣”を差し出しても、それは英語が印刷された紙でしかないはずです。
わたしたちは、お金を日常的に使いながら、かつお金のことを知らない。

こうしたことを、CointelegraphのライターJaiChaiが、やや挑戦的に・象徴的に、書いています。2

マネーは、商品やサービスの支払いや、特定の国や社会経済的状況における債務の返済として一般的に認められている、アイテムまたは検証可能な記録です。

お金の発明は、人間の文明の進歩を急速に促進させました。交換貿易精度(バーター制度)は時代遅れになり、国境を越えた貿易システムが急成長を遂げました。
社会全体の発展に対するこの深刻な影響は、通常、少数の人を除いてすべてに適応されます。

そのことに目をそむけず考えてみましょう。
ほとんどの人は付与されたお金を受け取る。
その起源、目的、および定義する特性を知らない。
無知な幸福の霧の中で、彼らは盲目的に彼らの日常生活を過ごす。
多くの種類のデジタル通貨が今や世界的なお金の一形態として使用されていることを知らずに。

それが、現在の日本の大半の貨幣に対する実状です。
「無知な幸福の霧の中」とは言い得て妙で、まさに貨幣の本質なども、知らない限りにおいては特に支障もなく生活を送れることでしょう。
とはいえ一旦外に出てしまったのなら、知ってしまったのなら、この問題――貨幣について――を逆戻りすることはすこし難しい。

それはまるで一度確定すると元に戻ることは難しい、ハッシュ値を証書として含有していきながら繋がっていくブロックチェーンのように、非可逆的な性質をもっている。
そこが、「無知な幸福の~」の怖いところだし、面白いところでもある。

大げさにいえば、我々が天動説ではなく地動説を信じて疑わなくなったように、歴史的に大きな変化は戻れないという性質があるように思います。
インターネットもそうだし、iPhoneだってそうでしょう。

とはいえ戻れないことと、選択の増加が同一ということではありません。
記号学者のエーコとフランスの劇作家ジャン=クロード・カリエールの本に宛てられた序文のように、―――「グーテンベルク[紀元前1399年頃~1468年]が印刷術という素晴らしいものを発明したのちも、ひきつづきコデックス[紀元二世紀頃に作られた冊子状写本]が用いられ、パピルスの巻物やウォルミナ[古代ローマの巻子状写本]が売り買いされたように。」3―――たとえ仮想通貨が普及したとしても紙幣が完全に消え去ることはないでしょう。

そして変化は、机をトンと叩いて目を開ければ世界が変わっているものでもないでしょう。
鶏は一世紀かけて道を横切らないことを学習しました。4

とはいえ我々と我々が生きる現代が、鶏と鶏のようなノンビリしている社会なのかどうかを問うてみましょう。

いわゆる原始社会では、変化するものは何もなく、老人は力を持っていた、というのも、老人は子や孫に知識を伝えたからです。世界がたえず革新的に変化している現代では、子どもたちが親にエレクトロニクスを教えます。5

世間一般では、現代を「消費社会」などと揶揄します。
では、我々はなにを消費しているのか。
昨今では、モノからコト消費へ、などのフレーズが観光業の間で飛び交いました。
その意味するところは、”経験”を消費していると要約できます。
では、その消費において、もっと根本的な見方を提供するとしたらどうなるのか。
あるいは、我々はどこに価値を見出しているのか?といってもいいでしょう。

 

Debbie Reynolds singing in the rain
『Singing in the Rain』1953年 ジーン・ケリーとデビー・レイノルズ

 

我々は、”変化”に価値を見出している。

利便性の向上、未だ見たことのないもの、そうしたこと。
映画「Singing in the rain(雨に唄えば)」の時代背景は、映像作品におけるトーキー(音声入りの映画)への過渡期でした。
映画では、「映画は白黒で無音でこそ映画なのよ」と主張する、喋らなければ美しい、キンキン声の女優が、トーキーという形式と声の美しい無名の女優(↑Debbie Reynolds)への批判を繰り広げます。

しかし歴史の答え合わせをできる現代においては、トーキーへの移行が為されたのか否かは容易に判別することができます。

いずれ価値を認識するようになります、ほとんどすべての人が。

そう、いいでしょう。
では、ビットコインは、これからどのような役割を担っていくのか。将来どのようになっていくのか。

これも認識の問題と同様に重要です。

そのためにも、先を急ぎたい気持ちもありますが、①はこれぐらいにして②の考察――というより確認作業――に移りたいと思います。

 

②知った人 : いかにしてビットコインを認識するに至ったか。

 

Bitcoin_Journey1_4

 

次は②のビットコイナー的認識に至った人を考察していきたいと思います。
冒頭にも書いたとおり、この対象としては、お手軽で重宝なため「対象ーわたしー(@Rhime)」について追っていきたいと思います。
実質的に自分語りになってしまうので、そういうのが嫌な人は飛ばしてください。

 

まずわたしは、株式をやっていました。
やっていたといってもインデックス投資の本を読み、ETFをいくつか購入するのがメインで、個別投資は数えるほどしかやっていませんでした。
VRが盛り上がりそうなときにソニーを買って少しだけお小遣いが増えたのは覚えています。

そのような経験のなか、関連銘柄をあつめたサイトのなかで注目のワードとして「フィンテック」や「ブロックチェーン」などの言葉を目にしました。
おそらく記憶の限りではこれが最初です。
そのとき合わせて、おそらくですがビットコインを知りました。
このときのわたしの手帳には「通貨というものについて一考の余地あり。」と書かれています。
この記入は2016年11月24日でした。

しかしそれから3ヶ月あまり、わたしは仮想通貨とブロックチェーンのポテンシャルを正しく認識しないまま過ごしました。
『Meetaring Bitcoin』を書いたアントノプロス氏も同様の経験をしたと序文に書きあわらしており、それはいくばくかわたしの見過ごしを慰めるものでした。

それから2017年3月頃、なかばひらめきのような感覚で、仮想通貨取引所に口座を開設しました。
理由は非常に漠然としています。
そのときなにか仮想通貨についての記事をみたのかもしれませんし、完全にひらめきのようなものだったのかもしれません。

はじめはよくわからずに、ビットコインを買ってから、適当に見た目の気に入ったアルトコインを買いました。
それからは仮想通貨をよくご存知の方は言わずもがなという勢いで、市場は盛り上がっていきました。
そこからわたしは、銀行口座に預金してあったお金のうち、生活に必要なお金は残してあとは取引所を通じてビットコインに変換しました。
それから今まで、俗にいう”フィアット貧乏6です。

そのあたりから、値上がりすることの楽しさというものもたしかに存在はしていましたが、同時にこのようなもの(仮想通貨)が成り立つ仕組みを理解したい、あるいは今後とも仮想通貨に関わるのであれば勉強しなければならないという思いが生じました。

それからは主に文献を参考に、仮想通貨とブロックチェーンの勉強を始めました。
一番はじめに読んだのは、たしか大石哲之氏の『ビットコインはどのようにして動いているのか?』でした。
これは表面的な説明にとどまることなく、ビットコインとブロックチェーンの内部の仕組みや創出の社会的背景を初見でも理解できるように書かれた優れた本でした。

 

 

それからドン・タプスコット氏の『ブロックチェーンレボリューション』を読みました。
ビットコインはどのようにして動くか』がミクロ的アプローチだとしたら、この本はマクロ的な視点でビットコインの基盤技術であるブロックチェーンの実社会へおよぼす影響を、例をまじえた誠実な語り口で教えてくれる本でした。

 

 

『ブロックチェーンレボリューション』を読み終えたごろだったかと思いますが、このころからイーサリアム(Ethereum/ETH)やネム(NEM/XEM)についても調べ始めました。
イーサリアムの革新的な技術であるスマートコントラクトについては『ブロックチェーンレボリューション』にも記述がありますが、文献による知識をもうすこし取り入れたいと思っていたので『スマートコントラクト入門』を読みました。

 

またNEMについては、今現在も単独の文献が存在していないため主にネットで情報を収集しました。

また、仮想通貨、ブロックチェーンの勉強の合間をぬって『ZONE』や『デイトレード』、『先物市場』や『FXチャートリーディングマスターブック』などの本も読みました。
わたしは株式もビギナーでしたが、トレードに関してもからっきしでした。

 

 

それから、なんといいますかみんなにも知ってもらいたいというのがあって、このあたりでWEBサイトの立ち上げを行いました。
最初はホームページビルダーのようなもので作りましたが、後々の利便性のことを考えて今のWordPressのサイトになりました。

それから、立て続けに『ブロックチェーンの衝撃』、『ブロックチェーン革命』を読みました。
ブロックチェーンへの確信がますます高まりました。

 

 

 

このあたりでおおよそ2017年6月から9月ぐらいなのではないかと思います。
このころには、NEMやリップルなどの大相場は大体落ち着きを取り戻していて、ゆるやかな横ばい状態への移行期間といったところでした。
ビットコインに関しては、オルトコインの下落と、ビットコイン・キャッシュへの分裂不安とは裏腹のつつがない経過と安定ぶりもあってか、以下のように50万を目指して勢いよく上昇を続けたことは記憶に新しいと思います。

取引所で初めてみたビットコインの価格は10万円ほどだった。

 

このころの認識においての重要な変化は、ビットコインのチャートの値動きに、以前ほどの不信感を持たなくなった点がいえると思います。
これはクラーケンCEOのジェシー・パウエル氏もテレビ番組の放送の中でも話していましたが、「こうした荒っぽい値動きも、ビットコインのユーザーが増えれば安定するはずだ。」という理由からです。

 

ここで一番最初の方に出てきた、疑問に答えてみましょう。

「では、そのようなJコインというものが世に出回り一般に広まったと仮定したとき、ビットコインの価値はそれからも認識し続けることができるのだろうか?」
このことについてです。

実際のところ、この疑問は簡潔に答えることができます。
中央と非中央という決定的な構造の差があること。
これです。

ビットコインとブロックチェーンの仕組みを技術的に解説するとまた延々と長くなるのでよしますが、最も基本的なところで貨幣の諸問題を解決したこと、あるいは向上させたこと、―――貨幣の際限のない供給・壊滅的なインフレの抑止、不公平な中央(銀行)への救済措置の実践可能性の排除、耐久性・分割性の向上、台帳の改竄が不可能なことなど、すでに耳タコな基本情報ですが、これらのことがやはり根本的にビットコインの重要性を考える上で見過ごせない点なのだということは、改めて認識しても損ではないでしょう。

 

「それも、(ビットコインは)ちょっとばかり優れているどころじゃない。並外れて優れているんだ。金よりはるかに稀少で、可分性があり、耐久性もある。金より持ち運びもずっと簡単だ。どう見ても優れているんだよ。7

 

また、ブロックチェーンの構造的アドバンテージも加味してもいいと思います。つまり、
計算難度の高いハッシュ値が封じ込められながら繋がれてきたチェーン(ブロックチェーン)は、構造的にみて、長いほど破壊耐性が高い。

 

銀行預金の数字も、ビットコインの残高の数字も、ディスプレイに映る数字は数字であるのは確かですが、その数字が算出されるまでの過程には決定的な構造的差異により出力されていること。
これを理解しなくてはなりません。
この差異にこそ、お金か玩具(おもちゃ)かの認識の明暗が別れることでしょう。

 

金か、通貨か。:ビットコインの役割について。

 

これは技術的な話で、ビットコインは、「Segwit2x」というプロトコルの変更提案が記事を書いている現在進行中……だったのですが最新の情報で、Segwit2xは回避されたようです。
http://doublehash.me/bitcoin-2017-11-9/

やはり経済合理性でみて、善意の行為が破綻をきたすことは回避したいという意見で一致したのでしょう。

 

ともかくも、このSegwit2x支持側とビットコインの開発を長らく担ってきたビットコインコア側の開発者たちが、意見の相違により対立していました。
かれらのビットコインの役割の認識は以下のようなものでした。

  • Segwit2x支持側:ビットコインを従来のようなデジタル通貨として――交換の手段としてみなしたい。
  • ビットコインコア側:ビットコインを従来の交換の手段としてのツールではなく、価値の保存の形態を主軸に構成されていくことを期待している。

 

これについてはこちらでもまとめたので、ご一読いただければと思います。

簡潔に、価値の保存の形態として構成される方向に決定されるであろう理由としては、大石哲之氏のビットコイン研究所の投稿が、分かりやすいです。

Segwit2xは、ビットコインをより良くしようと考える案であったはずだ。
もし、その案が市場の崩壊の引き金になるかもしれないというのであれば、この合意は目的を失っているとしか思えない。
(中略)
ユーザーやコイン保有者も、自らの資産が危険にさらされることのないよう、声をあげよう。
私の予想では、マイナーが経済的に合理的あれば、決してSegwit2xのフォークを行わないと考えている。

http://doublehash.me/segwit2x-fork/#more-4233

 

そしてSegwit2xは回避されました。
以降ビットコインは、どのような価格になっていくのか、については以前書いたものを引用したいと思います。

わたし個人の考えになってしまいますが、ビットコインコア側は、非常に現実的視点からビットコインを観察し、結論を下していると思われます。
たしかにビットコインはインフレの起きない中央的権力から開放されたデジタル通貨として開発されましたが、一方でその役割は2009年からすでに1600万枚以上の採掘がなされ稀少性は高まり、分割性は優れているとしても日常的使用としての圏内からは役割を降りつつあり、コア側の主張のように「価値の保存」としての役割に移行しつつあるように感じます。

Segwit2xについて:Bitcoinの次なるフォークの対立関係と各陣の主張、RhizomeBrain

 

結論

 

ビットコインは、その役割は時代と共に移ろいつつも、これからもビットコインとして存在していくでしょう。

 

注釈

  1. 日本にあった仮想通貨取引所。2014年、経営者の不正により破綻した。
  2. 和訳記事を参照。
  3. ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』(阪急コミュニケーションズ、2010年)p.8
  4. 同上、p.64
  5. 同上、p.92
  6. ALISの石井さんなどが対談ででているこの記事が初出な気がします。https://www.businessinsider.jp/post-105950
  7. ナサニエル・ポッパー 『デジタル・ゴールド』(日本経済新聞出版社、2016年、kindle版)No2934

Sponsored Link

この記事を書いた人

リム(Rhime)

ブログの閲覧ありがとうございます。
記事がなにかのお役に立てたなら幸いです。
もし何か分からないことがありましたら、お気軽にコメント下さい。(DISQUSにログインするか各種SNSの連携で書き込みください。匿名投稿も可能です。)
|【プロフィール】: リム(Rhime)。RhizomeBrain(リゾームブレイン)管理人。Twitter:https://twitter.com/RhizomeBrain
2017年3月から仮想通貨への投資を開始。株式投資は2年ほど。
読書が好き。
大学ではデザインを学ぶ。フラットデザイン・マテリアルデザイン勉強中。

このブログはNEM猫プロジェクトを応援しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で