サーバルちゃん

知っていますか、WEB廃墟。:変化するネットスタンダード

この記事は約 9 分で読めます。

サーバルちゃん

 

廃墟は面白い。

 

あなたはWEB廃墟を巡回するのが得意なフレンズなんだね!

とサイトを訪問してまず指摘されてしまうのが、「ちゆ12歳」という、かつてテキストサイトというネットカテゴリで人気を博したサイトです。

 

ちゆ12歳
ちゆ12歳

なんで今更(2017年)、そんな昔のインターネットサイトを知るに至ったかは忘れてしまいました。が、―――

(ちなみに鋭い方はすぐ気がついたと思いますが、フレンズ→けものフレンズであるので、1年あるいは数年に一回は今も更新があるようです。お知らせ欄的なところに表示されています。これを廃墟というのかは謎ですが、ともかくも閉鎖ではなく廃墟という点がポイントですね。)

―――細かいことはいいとして。

WEB廃墟、面白いですよね。

 

その「ちゆ12歳」ですが、人気を博したのは2000~2001年くらいだそうで、ちゆというのは、

″仮想世界に生きる”電子の妖精”で、実体を持った女性よりも空想の美少女が好きだ!という二次元コンプレックスな方のために生まれた新しい形のネットアイドル

だそうです。
いろいろこのサイトについて調べると知りたくなかった闇が出てきますが、そこは今は置いとくとしましょう。

 

ここで気になるのが、このWEB廃墟というものがなぜ面白いのか、という点です。
こんな昔のサイト(更新されているので失礼ですが)見る機会はなかなか能動的に検索しない限りヒットしないので、もの珍しさもあると思います。
しかしながら、面白さの原因は”廃墟”という点にあるんじゃないのかな、と思います。

 

軍艦島

 

 

廃墟というと軍艦島ですが、軍艦島も繁栄していた当初は、そこら辺に建てられていた建造物は当時最先端なコンコリート建造物だったそうで、今となってはその建築的な意味合いでも重要な位置を占めているそうですよ。

軍艦島というと、炭鉱のような辛い仕事に携わる人が大勢いてぎゅうぎゅう詰めになって生活していた印象がありますが、昔建築のことについて調べていたときに写真でみたのですが、普通に公園とかあるんですよね。
子どもがブランコで遊んでいたりしていました。

あとは軍艦島が廃墟の王様なら、廃墟の女王様とか呼ばれてる、摩耶観光ホテルも丸い窓枠にステンドグラスなんかがはまってたり、半円柱型に張り出した小さな一室とその一面のガラス窓に木々の緑の映るきれいな部屋があったりして、全般的に廃墟というのはエキゾチックな魅力があったりします。

廃墟は、そこにたしかになにかが躍動していたという熱量の残滓が残っているという、その廃墟性がおそらく最大の魅力じゃないかと思います。
考古学的検証材料としての魅力もありますけどね。

 

テキストサイトと廃墟の流儀

というわけで、昔のサイトは面白いわけです。

ちなみに、テキストサイトというワード、はてなやWord Pressなどのブログサービスでいろいろものを書たりしている方々はご存知でしたか?
私は始めて知りました。
これが世代を感じるというやつなんでしょうか。

なんでも光ファイバーとかはもちろん、ADSLとかが登場する前の時代ですので、画像や動画というものは実用的ではなかったんですね。
画像と上からじわじわ表示されてく感じですね。10MB落とすのに1日とかいうレベルですよね。
わたしもポトリスというゲームをしたくて何日もダウンロードしてた記憶あります。
ゲームの内容より死ぬほど遅かったダウンロード作業のほうが印象に残ってます。

懐かしすぎでしょ。

ポトリス博物館(w:http://www.potohaku.com/
4gamerも十年以上やっているんですね。:http://www.4gamer.net/specials/fortress2/fortress2.html

 

だから必然的に個人サイトとなると、裸一貫HTML、漢は黙って文字で勝負、というようなテキスト中心のサイトになったようです。
このサイトは分からないですが、どうやらこの時代に個人サイトを作るとなると「ジオシティーズ」というサービスで作るのが鉄板だったみたいですね。
今のようにアドレスとパスワード登録してテンプレートを選べば、すぐにでもナウいインスタをアップできる環境とは違い、いろいろエンジニア的(例えが雑)な作業だったり、文章もタグで打たなきゃという感じだったようです。

 

そんな感じで出来上がるのは、

ようこそ!あなたは○○○人目のお客様です!!!

みたいなサイトですね。

いいと思います。古き良きクラシカルでトラディショナルです。

 

こういう謎配色も「HTML!!」って感じでいいですよね。

 


それで、わりと最近ですが「WEB廃墟を作ってみよう」というので投稿されている方もいます。

Web廃墟を作るときに心がけるべき7箇条 – Qiita

必要なもの

  • ジオシティーズのアカウント
  • html4の知識
  • 懐かしむ心
  • 30超えた年齢

廃墟の流儀

  • 1.荒れ地を手に入れる(ジオシティーズ)
  • 2.FTPの設定をしない(廃墟を作るには最新の機器は敵です。)
  • 3.自分で開発はしない(アクセスカウンター、BBS、CGIチャット、の3種の神器)
  • 4.JavaScriptはコピペする(「どうなってるのか自分でもわからないけど動いてるからまあよし」くらいが廃墟にはちょうどいい)
  • 5.マークアップという考えは捨てる
  • 6.CSSでレイアウトしない(そもそも廃墟にレイアウトという考えは不要です。)

それと最後にお約束を追加するといいようです。

  • Sorry, This HomePage Is Japanese Only.
  • このページはリンクフリーです
  • Since 2017/8/31
  • バナーはこちらです。直リンク禁止!
  • とほほのWWW入門にリンクを貼る(http://www.tohoho-web.com/)
  • このホームページはInternetExproler6 Windows98に最適化されています。
  • このホームページはNetscape Navigator6に最適化されています。
  • 工事中です。(頭を下げる工事の人のGIFを添えると尚可)
  • 隠しページを作る(はずかしいポエムか、管理人の写真などを載せると黒歴史度UP)

 

漢気を感じますね。

 

物事は移り変わっていく。

 

廃墟。
そうテキストサイトという言葉ですけど、今ではナウでヤングな人たちはHTML丸出しで、「キリ番!!!」とか叫んでる人、そんないないですよね。
このサイトみたいにCSSいじり回してたり、やたらSNSのシェア機能が充実してたりするいけ好かないデザインが大半だと思います。
(たまにめっちゃアニメーションしまくってて装飾されまくってるのにめちゃくちゃ軽いサイトはどんな謎技術を使っているんですか?)

 

弄るといえば、最近巷ではインスタ蝿というワードが流行っているみたいですけど、マツコの知らない世界とかでしたでしょうか、彼(彼でいいのか?)が言ってましたね。

「かわいいインスタあげてもお前はブスなんだからな。」

インスタ ブス

 

水を得た魚に銛(もり)をぶっ刺す感じ、いいですよね。
なかなか真理なんじゃないですか。
わたしもphotoshopそれなりに使えますから、いろいろ知ってますよ闇のツールをね。邪気眼。

あと最近Enlightっていう写真加工アプリを知って、もうインターネットに毛穴はなくなるのだな、と思っていたらファッション雑誌のほうで写真加工はしない・してる場合は表示するという方針になったそうです。→参考:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/27/getty-photo_a_23225491/
良心。

あとはお鼻がかわいいワンちゃん化するアプリを抹消するだけですよね。

 

なんでこんな話になったんだっけ。関係ないですね。

 

 

そんなこんなでサービスは移り変わっていくという当たり前のことに帰結しそうなんですが、こうしてみるようにインターネットは特に流れが速い訳ですよね。
そして昨今注目されてるのが仮想通貨およびブロックチェーンですよね。
やっと仮想通貨要素でてきました。
ここまで仮想通貨要素ゼロですよ。ここは一応仮想通貨のブログですよ。
仮想要素はありましたよ。電子の妖精バーチャルアイドル。

 

大事なのは、その今あるものもいずれは置き換わってしまうのだなあ、という視点ですよね。
10年後20年後には、

「はてなブログ?ぷーくすくすwww」

とか

「Word Press?なにその九龍城www」

といわれているかもしれない。

 

九龍城
九龍城

 

ですので。このブログも数年後にはWEB廃墟に…
というか一年後ぐらいには閉鎖しているに1兆ペソ賭けたいのですが、もし廃墟になったときに、それなりに廃墟巡りがいのある感じにしたいなあと思います。

そのあたりの建物も、古ぼけたお寺や神社も、エジプトのピラミッドも、ドバイのブルジュ・ハリファも、道路のインフラ整備も、盛大にぶち上げて、盛大にぶち壊す・ぶち壊されるというのをやってきたしやっていくだろうということですよね。

 

インベスターZ 不老不死

 

インベスターZで、「ベニクラゲというのは何億年も不老不死で生きられるんや、だから”不老不死”も可能なはずや。わてはそれをビジネスにするんや」、という話が出てきていましたが、永遠に生きられるようになっても一億年ぐらいたったら「やっぱやーめよ」ぐさァ!ってなりそうな気がするんですよね。

なんの話してるんだ?

だから日本円は安心だ、といっているのも実のところ不安なものだったりするんですね。
つなぎが強引ですね。

 

ということでまさかの続きます。↓
というか一緒に書いたというだけで、つながりはありません。南無三。

【構造主義】語られない思想で読み解く「お金とは何か。」について(9660文字)

 

最後になりますが、もし「いいね」(ハートマーク)のキリ番を押してくださった人は是非コメントで報告お願いします!(^^)
相互リンクも募集中です!^^^^

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リム(Rhime)

リム(Rhime)

ブログの閲覧ありがとうございます。 記事がなにかのお役に立てたなら幸いです。 もし何か分からないことがありましたら、お気軽にコメント下さい。(DISQUSにログインするか各種SNSの連携で書き込みください。匿名投稿も可能です。) |【プロフィール】: リム(Rhime)。RhizomeBrain(リゾームブレイン)管理人。Twitter:https://twitter.com/CryptoRhizome 2017年3月から仮想通貨への投資を開始。株式投資は2年ほど。 読書が好き。 大学ではデザインを学ぶ。フラットデザイン・マテリアルデザイン勉強中。